花を育てるように、雑記を育てています

~あなたの心に花を届けたい40代兼業主婦雑記~

秋の肌老化にご用心

愛するステキなあなたへ  

 

こんにちは。めるママっくすです。   

いつも応援いただき本当にありがとうございます。 励みになっております。   

 

 

「少し肌寒くなってきたな 」と思ったら、お肌に異変が起きていることをご存知ですか?

暑い夏から涼しい秋への変化は、想像以上に肌への影響が大きく、その影響が老化として現れてしまうのです。

今回は、そんな秋の肌の "夏老け "対策として、効果的な化粧水とその使い方をご紹介します。

 

f:id:merumamax:20210918102547p:plain

 

 


秋の肌老化にご用心


秋になってようやく過ごしやすい季節になったと感じている方も多いと思いますが、実はこの季節、お肌が最もダメージを受けやすい季節なのです。

油断していると、一気に肌の老化が進み、取り返しのつかないことになりかねません。

 

秋の肌は、夏に浴びた紫外線が蓄積され、"夏枯れ "と呼ばれる状態になっています。

 

さらに、気温や湿度の変化により、肌はさらに乾燥し、ダメージを受けやすくなっています。


化粧水をたっぷり使って、肌に潤いを与えましょう。
肌の乾燥やダメージを防ぐために、化粧水をたっぷり使いましょう。

化粧水で肌を保湿すれば、内側からふっくらとしたハリのある肌になり、シワも気にならなくなりますよ。

肌の水分量が多いほど、クリームや美容液が浸透しやすくなります。

 

より効果的なエイジングケアのためには、肌に弾力を与えるペプチドが配合された化粧水を使うのがおすすめです。

最後に、乾燥を防ぐためにクリームを使いましょう。

 


秋のスキンケアの3つのポイント


1. 冷えを防ぐ 冷えは美容の大敵です。

 

冷えは血行不良を引き起こし、いくらスキンケアを頑張っても肌に浸透していきません。しっかりお風呂に入って体を温めたり、生姜を積極的に食事に取り入れたりして、体を内側から温めましょう。

 


2.マッサージ スキンケアにマッサージを取り入れるのもおすすめです。

 

クリームで滑りをよくした後、肌を下から上に引っ張ります。親指を使って口角を上に押し上げ、そこから頬骨のくぼみに沿って外側に向かって10秒ずつ押していきます。


3. クリームパック 秋の乾燥肌対策として、より効果的なのが、このクリームパックです。

 

寝る前に、たっぷりのクリームをパックのように顔全体に塗ります。

翌朝、肌が潤っていることに驚くはずですよ。

 

エイジングケアは、日々の積み重ねです。

季節の変わり目はお肌に負担がかかります。

 

今回の記事を参考にして、自分なりのスペシャルケアをしてみてくださいね  。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

お役に立てれば幸いです。

今日も明日も感謝しています!

 

noteやってます 

めるママっくす|顔晴るあなたを応援|note